Macのメニューバーに円グラフの視覚的なタイマーを追加するアプリ「Activity Timer」

Macのメニューバーに円グラフの視覚的なタイマーを追加するアプリ「Activity Timer」

みなさんはMacを使ってデータ入力や文章の入力といった作業や、
勉強する際に時間を計っていますか?

仕事や勉強で集中力を維持するためには、
時間を計りながら行うのが効果的
とされています。

決められた時間内に仕事を終わらせるため、なるべく早く、
なるべく手を止めずに頑張ることができるからです。

時間を計るには、腕時計やスマホのストップウォッチ機能を
使うのも良いですが、せっかくMacで作業しているのだから
Mac上で動作するタイマーアプリを使うのがオススメです。

この記事では、このような用途にオススメなMac用タイマー
アプリ、「Activity Timer」をご紹介します。

邪魔にならない、隠れない

Mac用のタイマーアプリは数多くありますが、
常時デスクトップに配置するものは
場所を取ってしまっい逆に作業の邪魔になったりします。

タイマーを見るために何かしらアクションが必要な
タイプも、集中力を途切れさせる原因になってしまいます。

それに対して、Activity Timerは、Macのメニューバー
に表示されるので他のアプリケーションの邪魔になることはなく、

また常に表示されているので集中力も途切れづらくなっています。

進捗具合がわかりやすい

不安によるストレスは、集中力を途切れさせる大きな要因です。
タイマーを使っていて不安になるのは、
経過時間と残り時間がどれくらいなのか
直感的にわからないときではないでしょうか。

Activity Timerは、円グラフで経過時間と残り時間の割合を
視覚的にフィードバックしてくれるので、
使っていて不安になることはありません。

使い方

▼App Storeから無料でインストールできます。

▼メニューバーの表示をクリックするとActivity画面が現れます。
ここでは任意の時間でタイマーを複数セットできます。
またタイマーが終了した際に出る通知ポップアップのメッセージを
設定できます。

▼タイマー終了時の通知はこのように表示されます。

▼タブを切り替えると、Preferences画面が現れます。
設定できる項目は、

・タイマー終了時の効果音、残り時間の数字を出すかどうか
・Mac起動時にActivity Timerも起動するかどうか
・タイマー終了時に正面にポップアップを出すかどうか
・タイマーの一時停止・再開用のショートカットキーの設定

となっています。

ソフト/WEBサービスカテゴリの最新記事