Windowsから乗り換えた人に。Mac初心者が初めに知っておくべき機能まとめ

WindowsからMacに乗り換えた方がつまづきやすいポイントや、初めに知っておくと良い機能をまとめます。

よく使う標準アプリを知ろう

Macで最も良く使う標準アプリを紹介します。

Dock

画面の最下部に表示され、アプリケーションのショートカットを置いておくことができます。Windowsのタスクバーに相当します。Dock上で右クリックし、「Dock環境設定」から、表示場所、表示・非表示、大きさなどを設定できます。

Finder

標準のファイル表示アプリです。WindowsのExplorerに相当します。「よく使う項目」によく使う場所のショートカットを置いておくことができます。また、Finderを開いている状態で、画面上部メニューの「移動」コマンドから、Mac内のあらゆる場所にアクセスできます。「表示」メニューから「パスバーを表示」を有効にしておくと、WindowsのExplorerのようにファイルのフルパスを常に表示できます。

Launchad

Macにインストールされているアプリケーションを起動するランチャーアプリです。Windowsでは、「すべてのプログラム」に相当します。インストールしたソフトウェアは基本的にこちらから起動することができます。

システム環境設定

OSの各機能の設定を行います。Windowsでいうとコントロールパネルでしょうか。ユーザーの追加、キーボードやマウスの設定、ネットワークの設定などを行うことができます。

Mac OSのフォルダ構成を知ろう

Mac OSは基本的にユーザーに対して内部のシステム構成を隠すようにできているため、把握しづらいと思います。少し高度な作業をする時に困らないよう、基本的なフォルダ構成は抑えておきましょう。

Machintosh HD

MacOSがインストールされているドライブ(パーティション)です。同じ場所を表す別称として、「コンピュータ」「/(ルート)」などがあり、時ど場合により呼び方が変わるので注意しましょう。WindowsマシンのCドライブに相当します。

/Applications

Machintosh HD(コンピュータもしくはルート)直下にあるフォルダで、Macを利用するアプリケーションをインストールするフォルダになります。WindowsのC¥ProgramFilesに相当します。このフォルダにインストールされたアプリケーションは、Mac内のすべてのユーザーに共有されます。これに対して、/Users/ユーザー名/Applications には、そのユーザーだけが使うアプリケーションをインストールします。

/Users/ユーザー名/

ユーザーのホームフォルダです。同じ場所を表す別称として、「ホーム」などがあります。この配下には、WindowsでもおなじみのDesktopや、写真(Pictures)、書類(Documents)フォルダなどが配置されています。

便利なフリーソフト

標準ソフトに加えてインストールしておきたい、定番フリーソフトを紹介します。

Google 日本語入力

Mac OSの標準日本語変換システムである「ことえり」は、あまり賢い変換システムとは言えません。Windowsでもおなじみの、Google 日本語入力を設定しておけば、変換精度の改善ができます。

WinArchive

ファイルの圧縮形式としてよく使われるzip形式ですが、Mac OS標準機能でzip圧縮したファイルは、Windowsで開くと内容が文字化けしたり、不要なシステムファイルが含まれてしまいます。この定番圧縮・解答ソフトを使えば、そういった問題が解消されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする