いつ買う?どこで買う?どのモデル?2017年新型Macbookを安く賢く買う方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月9日に新型Macbookシリーズが発売されました。ここ数年では珍しく、すべてのモデルでアップグレードがなされましたが、はたして、2017年はどのモデルが買いなのでしょうか。

また、みなさん最も気になるのがそのお値段ですよね。なかなか値下げされるイメージがないMacですが、実は3万円以上安く買う方法があるんです!

そのほかにも、いつ買うのがお得なのか、延長保証を付けるならどのようなものを選べば良いのかなど。知らないと損する、2017年新型Macbookを安くそして賢く買う方法を皆さんに伝授したいと思います。

どのモデルを買うべきか

2017年Macbookモデル一覧

まずは、2017年の新型Macbook全モデルをおさらいしましょう(標準構成のみ)。

Macbook Retina Core m3モデル
MacBook Retinaディスプレイ 1200/12 MNYF2J/A [スペースグレイ]
MacBook Retinaディスプレイ 1200/12 MNYH2J/A [シルバー]
MacBook Retinaディスプレイ 1200/12 MNYK2J/A [ゴールド]
MacBook Retinaディスプレイ 1200/12 MNYM2J/A [ローズゴールド]
Macbook Retina Core i5モデル
MacBook Retinaディスプレイ 1300/12 MNYG2J/A [スペースグレイ]
MacBook Retinaディスプレイ 1300/12 MNYJ2J/A [シルバー]
MacBook Retinaディスプレイ 1300/12 MNYL2J/A [ゴールド]
MacBook Retinaディスプレイ 1300/12 MNYN2J/A [ローズゴールド]
Macbook Air
MacBook Air 1800/13.3 MQD32J/A [128GBSSDモデル]
MacBook Air 1800/13.3 MQD42J/A [256GBSSDモデル]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 13インチ128GBSSDモデル
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/A [スペースグレイ]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXR2J/A [シルバー]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 13インチ256GBSSDモデル
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXT2J/A [スペースグレイ]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXU2J/A [シルバー]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 13インチ Touch Bar 256GBSSDモデル
MacBook Pro Retinaディスプレイ 3100/13.3 MPXV2J/A [スペースグレイ]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 3100/13.3 MPXX2J/A [シルバー]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 13インチ Touch Bar 512GBSSDモデル
MacBook Pro Retinaディスプレイ 3100/13.3 MPXY2J/A [シルバー]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 3100/13.3 MPXW2J/A [スペースグレイ]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 15インチ Touch Bar 256GBSSDモデル
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2800/15.4 MPTR2J/A [スペースグレイ]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2800/15.4 MPTU2J/A [シルバー]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 15インチ Touch Bar 512GBSSDモデル
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2900/15.4 MPTT2J/A [スペースグレイ]
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2900/15.4 MPTV2J/A [シルバー]

カスタマイズモデルは割高!

Macbookは、Apple Storeをはじめとする一部の店舗から購入する場合のみ、CTO(カスタマイズ)を行うことができます(Apple Store以外では、ビックカメラ、ソフマップなどの一部店舗)。キーボードを日本語配列から英字配列にしたり、メモリやCPUをアップグレードしたりするのが人気ですが、これを行ってしまうと、標準構成モデルとは違って、値引きがない場合が多いんです。同じ予算内で性能をアップグレードしたいのであれば、カスタママイズするよりも、上位モデルの標準構成モデルを値引きされた価格で買うほうが安く済むこともあり得ますので、注意しましょう。

とにかく安く買いたい人はMacBookAirを

2017年Macbookのラインアップのうち、もっとも廉価なモデルはMacbook Air (13inch)モデルです。2015年モデルまでは、カスタマイズしないとメモリを4GBから8GBにアップグレードできませんでしたが、2016年モデルからは標準で8GBメモリを搭載しており、処理能力も十分です。シリーズ中唯一、Retina(高解像度)ディスプレイではないため、比べたとき見劣りするかもしれませんが、その分電池の持ちが良いというメリットもあります。

持ち運びが多い人はMacbookを

Macbookシリーズ中最小・最軽量なモデルがMacbook (12inch) です。2016年モデルまでは、CPUが他モデルより処理能力の劣るCore Mモデルしかありませんでしたが、2017年から、標準でCore i5を搭載するモデルを選ぶことができるようになりました。

重い作業をしたい人はMacbook Proを

たとえば、Parallels Desktopを使ってWindowsをMac OS上で動かしたい場合。MacでWindowsを使うには、BootCampを使うこともできますが、やはり2つのOSをシームレスに行き来できるParallesは便利です。しかし単純に二倍の負荷がかかりますので、このようなハードな用途の場合は、処理能力の高いMacbook Proがおすすめです。

メインPCにしたい人はMacbook Pro 15inchを

2017年モデルでは、Macbook Proにのみ13inch と 15inchの2サイズが用意されています。13inchモデルはMacbook Air 13inchよりも小さな筐体で持ち運びもしやすくなっています。15inchモデルは画面が大きく、よりデスクトップPCに近い使用感があります。処理能力はシリーズ中最も高く、メインPCとしても長く活躍すること間違いなしです。

どこで買うべきか

物損付延長保証を利用できるお店で買う

Macbookの延長保証といえば、Apple純正のApple Care Protection Planを思い浮かべる方が多いと思いますが、このプランは、一般的な延長保証制度と同様に、物損保証がありません。物損保証とは、落下・水濡れ・落雷・火災などの、ユーザーの不注意や災害によって引き起こされた故障を保証してくれるサービスです。家電量販店ではあまり取り扱っていないので、知らない人も多いと思います。
ノートパソコンは、コーヒーをこぼしてキーボードを水没させてしまった、持ち運び中に落としてしまってディスプレイを割ってしまったといった故障は付き物ですよね。こんな時に、自然故障だけの保証では後悔することになります。購入後1年間のメーカー保証期間にも、物損保証を付加できることが多いので、必ず付けておきたいですね。

物損付延長保証+商品代金の合計が安いお店で買う

Macbookを最もお得に購入する方法は、
*価格.comでお目当ての機種を検索し、その上位から物損延長保証を利用できるお店を比較して購入する*ことです。物損延長保証サービスは、その料金(購入価格の数%を購入時に支払うパターンが多い)や、保証期間(3~5年)、保証金額(年数が経つほど保証上限金額が下がるのが多い)が微妙に異なるので、よりお得な条件のサービスを利用できるお店を選びましょう。
ただし、この方法は標準構成モデルを購入する場合だけ有効です。価格.comに並んでいるお店の多くは、カスタマイズはできないからです(その分安いんですが)。

カスタマイズしたければMac Collection Akibaで購入

ビックカメラ系列である、ソフマップのMac専門ショップ、ソフマップMac Collection Akibaは、Apple Store以外でMacのカスタマイズモデルが買える数少ないお店です(Apple Premium Reseller)。実はビックカメラの一部店舗でもカスタマイズを行うことはできるのですが、Mac Collection Akibaはカスタマイズモデルの在庫を豊富に用意している点や、それらが型落ちになれば値引きがされていることが利点です。
そして何といっても、ソフマップの物損付延長保証である、ソフマッププレミアムワランティを利用できます。
カスタママイズモデルに物損付保証を付けたい場合は、おそらく唯一の選択肢
となる店舗ではないでしょうか。

いつ買うべきか

ほしいモデルを決めたら、なるべく安く買いたいですよね。それではここで
MacBook Pro 2016年モデルの価格変化を見てみましょう。

そうです、このように、標準モデルは発売後だいたい3ヶ月後に最も安くなり、その後は平行線かむしろ値段が上がっていますよね。他のモデルを見てみてもわかるように、毎年Macbookは全般的にこの傾向にあります。
ですので、標準モデルを最安値で購入したいのであれば、発売後3ヶ月後を目安にして購入するのがおすすめです。
対して、カスタマイズモデルを購入する場合は、Mac Collection Alibaでも新しいモデルが出るまで値引きされることが少ないので、それが待てない場合は早めに買ってしまって大丈夫です。
いずれにせよ、発売後半年〜1年以上経っている場合はすぐに新しいモデルが発売される可能性があるので、時期モデルの噂をネットでチェックしてから購入しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする