無料Automatorアプリを配布中!プレビューでもできないPDFの一括画像書き出しを実現する方法

無料Automatorアプリを配布中!プレビューでもできないPDFの一括画像書き出しを実現する方法

PDF編集は「プレビュー.app」で可能


Acrobat要らず!MacのプレビューでPDFページの並べ替え・結合・分割編集する方法

でもご紹介したように、MacではPDFの編集作業をOS標準搭載の
アプリケーションである「プレビュー.app」で行うことができます。

編集が可能な項目は次の通りです。

  • 複数の画像ファイルからPDFを作成
  • ページ順序の変更
  • ページの挿入
  • ページの分割
  • 画像に書き出し

PDFの画像化は単一ページのみ

PDFの編集に威力を発揮する「プレビュー.app」ですが、
一つだけ残念な仕様となっている箇所があります。

画像からPDFを作成する時は複数ページを一括作成できるのですが、
複数ページのPDFを一括して画像に書き出すことができないのです。

しかし、諦めてはいけません。Macに標準搭載されている
プログラム作成アプリ「Automator」を活用すれば、
非常に簡単にPDFの一括画像化を実現することができます

この記事では、その方法のご紹介と、
すぐに試してみたい方のためにAutomatorアプリを無料で配布します!

Automatorアプリで一括書き出し

Automatorアプリケーションを新規作成

まず、アプリケーションフォルダにある、Automatorを起動します。
次に、作成する書類の種類から、「アプリケーション」を選択します。

PDFの画像化アクションを設定

画面左側にあるアクション一覧から、
「PDFページをイメージとしてレンダリング」
画面中央にドラッグ&ドロップし、書き出す画像形式を設定します。

例えば「フォーマット」の項目では、JPEGやPNGなどお好みの画像形式を指定します。

コピーアクションを設定

次に、画面左側にあるアクション一覧から、
「Finder項目をコピー」を画面中央にドラッグ&ドロップし、
書き出した画像の保存先を設定します。

例えば、「デスクトップ」などに設定します。

アプリを保存

以上の編集を終えたら、このAutomatorアプリケーションを保存します。
「PDFtoPNG」など、わかりやすい名前を指定しましょう。

PDFをドラッグ&ドロップして書き出し

保存したアプリケーションに、PDFファイルを直接ドラッグ&ドロップ
すると、指定した保存先に全ページ分の画像キャプチャが保存されます。


Automatorアプリを配布中!

以上のような操作で作成したAutomatorアプリを、
下記リンクにて配布しています(JPEG書き出しとPNG書き出し)。
細かい設定など不要で、すぐに試してみたい方は、
下のリンクからダウンロードしてご利用ください。

Automatorアプリのダウンロード

Macの使い方カテゴリの最新記事