ビットコイン100万円到達祭り!冬ボーナスを活用し投資ド素人でも一晩で数万円を手に入れるチャンス!初心者が参入する方法を詳しく解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1ビットコインがとうとう100万円を突破!?

仮想通貨のパイオニアとも言えるビットコインが、とうとう1ビットコイン=100万円というキリの良いレートに到達しそうです。
この記念すべき瞬間を前に、ビットコインを取り扱う仮想通貨取引所はお祭り状態となっています。筆者もこのビッグウェーブに乗り遅れないよう、急遽取引所に登録して、初の投資・仮想通貨取引を体験している最中です。

参入初日で数万円の利益が!

こちらが筆者の現在の利益(含み益)の状況です。登録している取引所は、
国内最大級の仮想通貨取引所、coincheck(コインチェック)です。
初心者である筆者でも、数時間で使い方を理解することができました。

まずは取引所のアカウントを開設!

初心者は迷わずcoincheck(コインチェック)でアカウントを開設!

coincheck(コインチェック)のホームページから、新規登録ボタンを押して、facebookアカウントもしくはemailアドレスを入力して仮登録を行います。入金するまでは、手数料など一切かかることはありません。
※2017年7月より、通常取引にかかる手数料についても無料となる長期キャンペーンが行われています。

本人確認はスマホで行うのが便利

次に、本人確認作業が必要です。運転免許証などの写真付の本人確認資料を送信します。スマホだと、カメラで免許証の写真を撮ってフォームから送付すれば良いので便利です。免許証の場合は、裏面も忘れないように送付します。加えて、この免許証の顔写真と、ユーザーが同一人物であることを証明するために、免許証を持っている自分の顔を撮って必要がありますので忘れないように注意してください。

元金を入金

本人確認作業が終われば、coincheckへの元金の入金が可能になります。
入金方法はいくつかありますが、入金方法によって手数料がかかる場合があるので注意しましょう。

住信SBIネット銀行に口座を持っている場合
この場合は、coincheckの住信SBIネット銀行口座に振り込むことで手数料はかかりません。
また、反映も数分程度で完了することが多いためオススメな方法です。
銀行振込方法にはもう一つ、coincheckのりそな銀行口座への振込みがあります。
りそな銀行の口座をおもちの方はこちらがオススメかもしれません。
そのほかの銀行口座から、これらのcoincheck口座への振込みの場合は、
お持ちの銀行口座所定の振込み手数料がかかります。
急いでいる場合はコンビニ入金、クイック入金
銀行振込だと土日祝日は扱いがなく、振込反映が2~3日後となってしまう可能性がありますが、
急いでいる場合は、コンビニもしくはATMのペイジーによるクイック入金という方法があります。
これらは反映が即日の反面、756円の手数料がかかります。

入金できたらビットコインを注文!

ここからはパソコンでの作業がオススメです。

ビットコインの基本は現物取引

coincheckでは、ビットコインを含めて主要な仮想通貨を12種扱っています。しかし、coincheckのメイン画面である「取引所」で「買い板/売り板」を一覧しながら現物取引(売り主から直截購入・買い主へ直接売却)できるのはビットコインだけになります。

そのほかの仮想通貨は、「ウォレット」メニュー内の「コインを買う」「コインを売る」から取引できます。
ここではビットコインも取引することができますが、現物取引と違い、
coincheckが一旦買い取ったコインを取引することになるため、
即座に購入できるというメリットがありますが、若干手数料を上乗せされた金額で購入・売却することになるデメリットがあります。

現物取引でも適正価格で注文をすれば即座に取引できることが多いため、
ビットコインは基本的に現物取引すると良いでしょう。

※2017年7月より、通常現物取引にかかる手数料についても無料となる長期キャンペーンが行われています。

現物取引の方法

それではビットコインの現物取引の方法を解説していきます。
メイン画面の「買い板/売り板」を見ると、赤色で「売」、緑色で「買」と書かれた文字が流れています。
これは、今現在ビットコインがどの「レート」でどれだけ(注文量)売り買いされているかを表しています。

この情報をもとに、「現物取引」のフォームにて、自分が買いたい・売りたい「レート」と「注文量」を指定すると、
システムが他のユーザーの注文と比較してこれらを自動でマッチングしてくれます。
これがうまくマッチングされた状態を「約定(やくじょう)」といい、取引が完了したことを意味します。

「買い板/売り板」で流れている情報は、実際の実績値なので、
即座に取引したい場合はこれらに近い「レート」を指定します(だいたい実績値の真ん中を狙うと良いようです)。
先の価格変動を予想して、今の相場よりも低い価格で買いたい、
今の相場よりも高い価格で売りたい場合は、そのレートを指定して予約しておくことが可能です。

チャートを見て波乗りをイメージ!?

漫然とビットコインを取引するだけでは、利益を生むことはできません、

投資の基本、「安い時に買って、高いときに売る」という作業によって利益が生まれます。
その判断材料となる、今「安い」のか「高い」のかという情報は、チャートから判断します。

coincheckでは、詳細なチャートを「取引所」→「トレードビュー」画面から確認することができます。
「取引所」に戻るには、「アカウント」メニューから戻ります。

このロウソクチャートと呼ばれる波を見て、相場が落ち込んでいるタイミングで買い、
十分値が上がったタイミングで売るといったことを繰り返すことになります。

この上下は時間軸に沿ってフラクタル的に推移しているため、
1時間単位で取引を行っても良いですし、1ヶ月〜数ヶ月といった長いスパン待つなど、
必要に応じたタイミングで取引を行うことになります。

要注意!ハイリスク・ハイリターンなレバレッジ取引

少ない元出金を効率的に利益を出すためには、レバレッジ取引が欠かせません。
coincheckのレバレッジ取引では、元出金の5倍の掛け金を借りて取引を行うことができます。

そのため、利益を出した場合は5倍になりますが、損益を出した場合も5倍になってしまいます。
この点がハイリスク・ハイリターンとされる所以です。

やってみないとわからない

取引のコツは体験してみないとつかめないので、
まずはcoincheck(コインチェック)で体験してみましょう。
※本人確認から取引可能になるまで数日かかる場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする