時間差でも撮れる!Macでスクリーンショットを撮る方法まとめ

時間差でも撮れる!Macでスクリーンショットを撮る方法まとめ

Macでスクリーンショットを撮るには

Windowsでは、キーボードにスクリーンショット専用のキー(PRINT SCREEN)が用意されていますが、
キーを押すだけでは画像として保存されず、ペイントなどの画像編集ソフトで保存する必要があります。

またスクリーンショットの範囲も、画面全体か、ウィンドウ単位かの2種類しか選べません。

対してMacは、OSの標準機能でスクリーンショットを撮る方法が豊富に用意されています。

この記事ではそれらのご紹介とともに、
いざという時に困ることが多い、時間差でスクリーンショットを撮る方法もご紹介します。

基本はキーボードショートカットで

画面全体のスクリーンショット

「shift + command」を押しながら「3」キー

「shift + command + 3」と説明されていることが多いので、
同時に押さないといけないように思いますが、

実際は「shift + command」を押しながら「3」キーを押すようにしたほうが楽に操作できます。
MacはWindowsと違い、.pngファイルが自動的にデスクトップに保存される点も、便利なところですよね。

選択した部分のスクリーンショット

「shift + command」を押しながら「4」キー

とすると十字ポインタが現れるので、
スクリーンショットを撮りたい範囲を選択する
と.pngファイルがデスクトップに保存されます。

ウィンドウのスクリーンショット

さきほどと同様に、

「shift + command」を押しながら「4」キー

とすると十字ポインタが現れるので、

その状態で「スペース」キーを押すと、
ウィンドウを選択できるようになります。

スクリーンショットを撮りたいウィンドウを選択すると.pngファイルがデスクトップに保存されます。

Touch Barのスクリーンショット

Macbook Proに搭載されている、Touch Barもスクリーンショットを撮ることができます。

「shift + command」を押しながら「6」キー

を押すと、.pngファイルがデスクトップに保存されます。

時間差でスクリーンショットを撮る

キーボード操作している状態を撮りたいときなどに便利な、
Macの標準アプリを使ってできる、時間差でスクリーンショットを撮る2つ方法をご紹介します。

方法1「グラブ」を使う

グラブは、Macに標準で搭載されいている、
スクリーンショット撮影専用のアプリケーションです。

グラブを起動して、「取り込み」メニュー内の「タイマーで画面全体」を選ぶと、
確認ダイアログができるので「タイマーを開始」をクリックします。
すると10秒のカウントダウンの後、画面全体のスクリーンショットが撮影されます。

グラブの利点1:カーソルの種類を選べる

グラブでしかできないこととして、スクリーンショット内にマウスカーソルを含めるかどうかと、
カーソルの種類を選ぶことができます。

スクリーンショットを撮る前に、グラブの環境設定から設定が可能です。

グラブの利点2:Touch Barを時間差で撮れる

グラブでしかできないことの2つめは、
Touch Barについても時間差で撮るオプションを選べる
ことが挙げられます。

方法2「プレビュー」を使う

あまり知られていないのですが、実は画像やPDFファイルなどを閲覧・編集できる標準のアプリ、
プレビューにも、グラブと同様に時間差でスクリーンショットを撮影する機能が備わっています。

プレビューを起動して、
「ファイル」メニュー内の「スクリーンショットを撮る」から「画面全体」を選ぶと、
グラブと同様に10秒後のカウントダウン後にスクリーンショットが撮影されます。

プレビューの利点1:保存形式を細かく選べる

スクリーンショットを撮る際に、プレビューでしかできないこととして、
スクリーンショットの保存形式を細かく選べる点が挙げられます。

グラブでは、保存できるJPEG,PNG,TIFFの三種類ですが、
プレビューではPDFやGIFなど、10数種類の形式を選べます。
※保存フォーマットのメニューをoptionを押しながらクリック。

プレビューの利点2:すぐに加工できる

スクリーンショットを撮る際に、プレビューを使えば、
保存前に撮ったスクリーンショットをすぐに加工できます。

時間差で撮るスクリーンショットは、範囲選択やウィンドウ単位といった
ことができず、トリミングの必要がある場合が多いので、
その際はグラブよりもプレビューを利用したほうが便利かもしれませんね。

Macの使い方カテゴリの最新記事