大きな買い物や旅行先でのドライブに超絶便利!日本最大のカーシェアリングサービス、タイムズカープラスとは?

大きな買い物や旅行先でのドライブに超絶便利!日本最大のカーシェアリングサービス、タイムズカープラスとは?

カーシェアリングとは?

カーシェアリングという言葉、聞いたことがある方も多いと思います。
しかし、「他人と一台の車を共有する?」「誰が持ち主になるの?」
「レンタカーと何が違うの?」などという疑問を持たれている方のために、
簡単にその仕組をお伝えします。

現在一般的に、カーシェアリングサービスと呼ばれているものは、
時間貸し駐車場大手のタイムズが運営している「タイムズカープラス」、
三井不動産グループが首都圏特化型で展開している、「カレコ」、
オリックス自動車が手掛ける「オリックスカーシェア」のようなサービス形態を指します。

どのようなサービス形態なのか。レンタカーとの違いを踏まえて説明します。

✔無人ステーションにある車をレンタルする

レンタカーは、一般的にレンタカーショップに出向き、
店舗に置いてある車をレンタルしますよね。
それに対して、カーシェアリングは、ステーションと呼ばれる
無人の駐車場に置いてある車を予約して借りることができるサービスです。

✔ステーションの数と使える車の数が多い

レンタカーに比べてカーシェアリングのステーションは
電車やバスなど公共交通機関の駅近くだけではなく、住宅地のど真ん中にも
数多く設置されているので、近くにステーションがあれば便利に、気軽に利用することができます。

首都圏のステーション数

✔予約・貸出・返却が無人なのでスピーディ

カーシェアリングのステーションは基本的に無人ですので、店員とやり取りする必要がなく、
セルフサービスでスピーディに予約や貸出返却が行えます。急用や旅行中の場合など、
店員とのやり取りに時間を取られないので、時間を効率的に使えます。
予約やキャンセルも、アプリを使って即時に行うことができ、
使いたいと思った時にすぐに使えるというメリットがあります。

日本最大のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」

日本のカーシェアリングサービスでは、
「タイムズカープラス」「カレコ」「オリックスカーシェア」が有名ですが、
ステーション数、登録車数、利用者数でダントツのトップシェアを誇るのが
「タイムズカープラス」です。

料金は?

タイムズカープラスでは、料金コース(大きくショートとパックの2種類)
と利用する車種のクラス(ベーシックとプレミアムの2種類)で
料金が変動するようになっています。

料金コースには、
2時間から6時間ほどの短時間利用に向いている、「ショート」、
6〜12時間以上利用する際に便利な「パック」があります。

これらに加えて、月額基本料金(0~1,030円)がかかります。
ただし、月額基本料金はこの料金以上利用すれば利用料金に充当されるので、
実質無料です。車種(クラス)と料金コースは予約時に指定します。

「ショート」料金コースの特徴

ショート料金では、マツダデミオ、トヨタアクア、
ホンダフィットなどのコンパクトカーや一般的なファミリーカーの
車種であるベーシッククラスの場合は15分206円、

BMWやMINIといったプレミアムクラスの場合は倍の15分412円が課金されます。

もうひとつの料金コースであるパック料金にない特徴としては、
給油・洗車を行うと15分相当の料金が割引きされる、
予約した時間よりも早く返却すれば、利用した時間分だけが請求されることが挙げられます。

「パック」料金コースの特徴

6時間や12時間といった長時間利用する際や、深夜帯、早朝などの利用時にお得になる、
パック料金が用意されています。

「6時間パック(4,020円)」「12時間パック(6,690円)」「24時間パック(8,230円)」
「アーリーナイトパック(18:00~24:00)(2,060円)」「レイトナイトパック(24:00~翌9:00)(2,060円)」
「ダブルナイトパック(18:00~翌9:00)(2,060円)」があります。

こちらは、車種のクラスによる料金の変動がないので、
なるべくプレミアム車種を選んだほうがお得かもしれません。

ただし、6時間パック以外は、パック料金以外に16円/走行kmの距離料金がかかります。
長時間車に乗りっぱなしで、距離が伸びてしまうと、ショートコースの料金を超えてしまう場合もあるので、
注意しないといけません。

ガソリン料金はかからない

一般的なレンタカーでは、車の返却時にガソリンを実費で満タンにしてから返却しないといけませんが、
タイムズカープラスではその必要はなく、給油が必要な場合は専用のプリペイドカードを用いて給油するので、
利用者の負担はありません。

ガソリン料金的にも、時間的にも、レンタカーよりもお得に利用することができます。

オススメな使い方

タイムズカープラスでのカーシェアリングは、2泊以上の旅行のような長期間利用には向いていません。
レンタカーのほうが割安になることが多いです。

しかし、それ以外の用途であれば、
どんな時にもお得に、便利に利用することができます。その一例をご紹介します。

家具などの大きなショッピング

普段電車でショッピングに出かけている人も、
布団や棚といった家具など大きなものを購入する際は通販を選ぶしかなかったのではないでしょうか。

タイムズカープラスなら、ミニバンのような積載性の高い車種も用意されているので、
とても大きな買い物にも対応できます。

短時間の送り迎え

恋人とのデートや、子供の学校への送り迎えなど。短時間で済むような用事には、
カーでェアリングが最適です。

弾丸ドライブ!星空を見に行こう!

カップルや友達同士で、突発的にドライブに出かけたいときってありますよね。
天気が良い日に、流星群が見れると知ったときなど。

ちょっと山までドライブして、星空を見るなんて使い方にも即座に対応できます。

旅行先での移動手段に!

日帰り旅行などで、現地までは飛行機や電車で行って、
そこから周辺の観光スポットまでの移動手段にタクシーやバスを利用するのではなく、
現地のステーションからカーシェアリングを利用することもできます。

バスやタクシーの待ち時間もなく、時間も柔軟に対応できるのでオススメの使い方です。

奥多摩駅前ステーション。奥多摩湖や日原鍾乳洞への観光の足として最適。

ちょっと気になる?デメリット

これだけ便利なタイムズカープラスのカーシェアリングですが、レンタカーと比べるといくつか気になる点があることも事実です。

洗車・清掃ができていない車両が多い

カーシェアリングの車は無人のステーションに保管されているので、
基本的に洗車されていません。ですので、フロントガラスの汚れや、
夏場は社内の匂いが気になることがよくあります。

ただし、ガソリン代と同様に洗車料金は課金されませんし、手間賃として15分ぶんの料金が割引になるので、
どうしても気になる場合はガソリンスタンドや洗車場で洗車してしまうのが良いでしょう。

長時間・長距離利用は割高になる

タイムズカープラスのカーシェアリングは、基本的に利用時間によって料金が高くなります。
また利用プランによっては走行距離によって料金が加算されていくので、
長時間・長距離利用をすると一般的なレンタカーよりも割高になる場合があります。

このあたりは、利用前にシミュレーションをして最適な選択するようにしましょう。

登録方法は?

タイムズカープラスの新規登録方法には、大きく2つあります。
会員カードを郵送で受け取るか、無人入会機を即日受け取るかです。

いずれにせよWEB上で事前に必要情報を入力しておき、カードの受け取り方法の選択時に、
都合の良い方法を選びましょう。無人入会機が近くにある場合は、
即日発行できるのでそちらがオススメです。

ソフト/WEBサービスカテゴリの最新記事