MacのウィンドウをWindowsのように画面にスナップさせるアプリ「Spectacle」

MacのウィンドウをWindowsのように画面にスナップさせるアプリ「Spectacle」

便利なWindowsのウインドウスナップ機能

Windowsでは、Windows 7から搭載された「Aero(エアロ)スナップ」
という機能により、ウインドウを画面の上下左右の端に近づけるだけで、
ウィンドウの全画面表示、高さの最大化、左半分・右半分への
スナップを自動で行ってくれます。

Windows10からはこのスナップ機能が進化し、
Windowsキーと矢印キーを組み合わせて、
ウィンドウを画面の四隅にスナップさせることもできるようになっています。

ウィンドウを無駄なく、すばやく広げることができるので
ラップトップPCなど小さいディスプレイを使っていると特に威力を
発揮する便利な機能
ですよね。

惜しい!Macにも追加されたリサイズ機能

Windowsのこのような便利な機能の登場を受けてか、
Macでも、OS X El Capitan以降、アプリケーションのタイトルバーを
ダブルクリックするとウインドウを画面いっぱいまで
最大化できるようになりました。

しかしWindowsの「スナップ」のように細かい制御はできません。

Spectacleでできること

Mac向けのフリーアプリ、Spectacleを利用すると、
Windowsの「スナップ」機能のように
ウィンドウのスナップが簡単にできるようになります。
操作もWindows10と同様にキーボードショートによって行います。

インストール方法

▼1.公式ホームページよりインストーラーをダウンロードしてください。

▼2.インストーラーを実行すると、システム環境設定をするよう
 案内が表示されるので、「Open System Preferences」
 ボタンを押してシステム環境設定を開きます。

▼3.システム環境設定の「セキュリテイとプライバシー」画面が開くので、
左下のカギを解除してから、「アクセシビリティ」を選択し、
「下のアプリケーションにコンピュータの制御を許可。」から
「Spectacle.app」にチェックを入れます。

▼4.ステータスバーにアイコンが表示されればインストール成功です。

ショートカットのカスタマイズ

デフォルトのショートカットは少し覚えづらいので、
自分が使いやすいようにカスタマイズしましょう。

ステータスバーのアイコンをクリックし「Preferences」
から自由にショートカットをカスタマイズできます。
自分が使う機能だけにしぼってなるべくシンプルな
ショートカットキーを割り当てるのが良いでしょう。

ソフト/WEBサービスカテゴリの最新記事