2018年オススメNo.1!ブログやメディアサイト向け無料Worpressテーマ「LION MEDIA」の使い方

2018年オススメNo.1!ブログやメディアサイト向け無料Worpressテーマ「LION MEDIA」の使い方

「Simplicity」から「LION MEDIA」に乗り換えました

このサイト「WEBネタリウム」もまだまだ駆け出しのブログですので、
まずは記事の更新に注力したいところです。

しかし記事更新のモチベーション維持のためにも、デザインにも力を入れたいなと思い、

WordPressテーマを、開設当初から使用していた「Simplicity」から、
2017年に登場した最新無料テーマ、「LION MEDIA」へと変更してみました。

この記事では、「LION MEDIA」を選んだ理由と、その使い方をご紹介します。

「Simplicity」では物足りないあなたに

Simplicity」は、おそらく現在最も多くのブロガーに
使用されている大定番のテーマです。

数多くあるWordpressテーマの中でも、
レスポンシブデザインに標準対応、内部SEO対策済み、
シェアボタンの設置が簡単、SNSやアクセス解析ツール
との連携が簡単に行えるといった特徴を備えています。

そして最大の特徴は、その名の通り非常にシンプルなデザインにあります。
無駄な装飾がないので、サイト内のコンテンツを引き立て、
どのような内容のブログにも違和感なくマッチします。

しかし、それが故に記事内容が物足りなく見えてしまい、
画像や文字装飾を無駄に増やしてしていまうといった弊害があるように感じていました。

ブロガーの新定番となること間違いなしな「LION MEDIA」

そんな中、新たなWordpressテーマ探していたところ、
2017年に注目すべき新テーマが登場していました。
それが、「LION MEDIA」です。

開発されているのは、WEBサイトの受託制作をされているFitさんです。

「Simplicity」並に高機能

「LION MEDIA」は「Simplicity」と同様に、無料ながらにして

  • 内部SEO対策済み
  • レスポンシブデザインに標準対応
  • シェアボタンの設置が簡単
  • SNSとの連携が簡単
  • アクセス解析ツールとの連携が簡単

といったブログやメディアサイト運営に欠かせない機能を備えています。

古臭さを感じさせないフラットデザイン

「LION MEDIA」は、ぱっと見てわかるように、ボタンや画像領域に大きな面積を使って、
フラットなテイストに統一されており、今のWEBデザインのトレンドを抑えています。

またヘッダーやグルーバルメニューのテーマカラーを
簡単にカスタマイズすることができ、サンプルページのように配色のコントラストを高めれば
手軽に寂しい感じを低減させることができます。

フォントへのこだわり

記事の読みやすさや、サイトのイメージに直結するフォント。

「LION MEDIA」では、
和文フォントに「遊ゴシック」が指定されています。
「遊ゴシック」はWindows 8.1とMac OS X Mavericksから搭載されている旬なフォントです。

欧文フォントには、遊ゴシックにとてもマッチした「Lato」が指定されています。
このフォントはWindowsやMac標準的にインストールされていることはないので、
WEBフォントの仕組みが使われているというこだわりぶりです。

投稿ページのフォーマット

ブログサイトにとってはメインコンテンツとなる投稿ページですが、
「LION MEDIA」の投稿ページデザインは、
記事の読みやすさや記事作成効率化に役立つうれしい機能が揃っています。

タイトルがヒーローイメージ風に表示される

企業のWEBページのトップに配置されることの多い、
大きな写真やイラストはヒーローイメージと呼ばれます。

サイトや記事に関係する画像を大きく表示し、視覚的に訴えかけることで、
瞬時にそのサイトや記事のイメージを伝えることができます。

「LION MEDIA」の投稿ページでは、タイトルの背景に
アイキャッチ画像のコラージュが自動生成される
ので、
別に画像を用意しなくてもインパクトのあるページになります。

自動で目次が作成される

「LION MEDIA」ではプラグインをインストールをせずとも、
記事内に配置した見出し(h1~h4)にしたがって目次が、
自動的に挿入されます。

記事内のポイントや構造を把握しやすくなるので、
記事の読みやすさにつながるでしょう。

大きなシェアボタン

アクセスアップを目指すサイトには必須のシェアボタンを
簡単に設置できます。

facebook, twitter, Google+, はてなブックマーク,Pocket,LINE
といった主要なサービス向けのボタンが用意されています。

大きく目立つデザインになっているので、
読者に気づいてもらいやすい、モバイルで押してもらいやすい
といった効果が期待できるでしょう。

ボタンアニメーション

フラットデザインのサイトは、ボタンが立体的になっていないので、
クリックできる場所がわかりづらいくなってしまいがちです。

そこでマウスホバーなどの操作に反応してボタンをアニメーションさせる
ことで、そのような問題を解決することができます。

「LION MEDIA」では、ボタンをマウスホバーしたりクリックした時に、
それらが大きくアニメーションするようになっていて、
シンプルさとわかりやすさを両立したデザインになっています。
ユーザビリティ的にも優れたテーマと言えるでしょう。

テーマのインストール方法

「LION MEDIA」はWordpressの公式テーマではないので、
インストール方法が少し異なります。

1.親テーマと子テーマ(.zip)をダウンロード


公式ホームページから、土台となるテーマ本体(親テーマ)と、
カスタマイズ用テーマ(子テーマ)のいずれもダウンロードします。

2.テーマをアップロード

Wordressの管理画面 > 外観 > テーマ > 新規追加 > テーマのアップロード
からダウンロードした親テーマと子テーマを
ZIPファイルのままアップロードします。

3.子テーマを有効化

子テーマと親テーマのいずれもアップロードできている状態で、
子テーマを有効化します。これでインストール完了です。

オススメのカスタマイズ設定

「LION MEDIA」では用意されているカスタマイズ項目が多く
あるので、初めての方には設定方法がわかりづらい箇所が
あるかもしれません。いくつかピックアップして設定方法をご紹介します。

最初に開くメニュー

サイトを開いた時、デフォルトではグルーバルメニューの検索ボックスが開くようになっています。

これを一般的なサイトと同様に、メニュー項目の一覧を表示するようにするには、
カスタマイズ > 基本設定[LION用] > 最初に開くメニューを選択
から設定することができます。

シェアボタンの表示/非表示

シェアボタンは、投稿ページの上部と下部に設置できます。
デォルトでは表示されないので、
カスタマイズ > 投稿ページ設定[LION用] > シェアボタンの表示/非表示から設定しましょう。

Google Analyticsの設定

「LION MEDIA」では、定番のアクセス解析ツールである、
Google Analyticsの設定が簡単に行えます。
カスタマイズ > アクセス解析設定 からGoogle AnalyticsのトラッキングIDを入力するだけでアクセス解析が行われるようになります。

カテゴリカラーの設定

主にヘッダー部分の背景色となるテーマカラーの他に、
カテゴリページのイメージカラーとなる色を
カスタマイズできます。

まず、Wordpress管理画面の、
カスタマイズ > デザインスキン設定[LION] > カテゴリ用ユーザー定義カラーを選択
からカテゴリに使う色を定義しておきます。

次に、
WordPress管理画面の、投稿 > カテゴリー
からイメージカラーを設定したいカテゴリーを選択し、
イメージカラーの項目から先程定義したユーザー定義カラーを選択します。

するとカテゴリページの配色や、トップページに表示される記事につくタグの色が変化します。

ウィジェットの設定

デフォルトでは、サイドバーやフッターに何も表示されていないので、ウィジェットからコンテンツを追加しましょう。
「LION MEDIA」独自のウィジェットも用意されています。

PVの多い順で記事をランキング表示できるウィジェットや、
アドセンスやアフィリエイトバナー広告を綺麗に貼り付けられるウィジェット

が用意されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「LION MEDIA」はブログやメディアサイトの開設時に
必要な機能を一通り揃えており、ソースコードの編集なしでも手軽にかっこいい
デザインのサイトを作れる無料のWordpressテーマです。
このサイトでも、しばらくはこちらのテーマを利用させていただく予定です。

Wordpressカテゴリの最新記事