VirtualBoxの管理を簡単にする「Vagrant」のインストールと使い方(Mac編)

VirtualBoxの管理を簡単にする「Vagrant」のインストールと使い方(Mac編)

はじめに

対象読者

この記事は基本的なターミナルのコマンド(cdやls程度)は使える人を対象とします。

Vagrantとは

Vagrantは、Virtualbox上で行う

  • OSのインストール
  • ユーザーの作成
  • ネットワークの設定
  • VirtualBox Guest Additionsの設定
  • 共有フォルダの設定
  • 構築した環境のバックアップと配布

といった操作を簡単に行えるようにしてくれるツールです。

WordPressサイトを始めとするWEBアプリケーションの開発では、
その他のアプリケーション開発と異なり、
OSレベルで何度も環境を構築することになるので、
VirtualboxとVagrantを利用すると非常に効率的になります。

Macへのインストール

Virtualboxのインストール

Vagrantは、Virtualbox上で稼働する仮想環境を管理するツールなので、
まずはVirtualboxをインストールする必要があります。

Virtualboxの公式ページから、
MacOSX(64-bit)用インストーラーをダウンロードしてインストールしましょう。

Vagrantのインストール

Vagrantも公式ページでインストーラーが配布されてるので、
ダウンロードリンクから最新版をダウンロードしてインストールしましょう。

インストールができたら、コンソールから、

vagrant

と命令して、エラーが出ていなければVagrantのインストールは完了です。

ゲストOSのインストール

Vagrant Boxを探す

VirtualboxとVagrantを使って管理したい仮想環境用のOSをインストールします。
Vagrantでは、Vagrant Boxという仕組みによって、

OSインストール時の面倒な設定をした後の状態のOSイメージが配布されています。

Discover Vagrant Boxesページから、配布されているBox一覧が
閲覧できるので、必要な構成のBoxを探します。

今回は、Linux初心者に人気のOS、ubuntuのGUI環境(Desktop)と、
日本語環境がすでに設定されている「yuki-takei/ubuntu-trusty64-ja
というBoxをインストールしてみましょう。

Vagrant Boxをダウンロード

ターミナルから、

vagrant box add yuki-takei/ubuntu-trusty64-ja

とすると、yuki-takei/ubuntu-trusty64-jaというBoxがMacにダウンロードされます。

vagrant box list

として、yuki-takei/ubuntu-trusty64-jaが表示されれば、インストールする準備ができました。

Vagrant Boxをインストール

まずは仮想環境をインストールするフォルダを作成します。
ここでは、ユーザーのホームフォルダ直下に、ubuntuという名前のフォルダを作成しましょう。

次にターミナルで、

cd ~/ubuntu

としてこのフォルダに移動してから、

vagrant init yuki-takei/ubuntu-trusty64-ja

とすると、このフォルダ内にVagrantfileというファイルが作成されます。

Vagrantfileは、vagrantで作成する仮想環境の様々な設定を記述するファイルです。
中身を確認してみると、ここではyuki-takei/ubuntu-trusty64-jaを使うことが記述されていることがわかります。

このVagrantfileがあるディレクトリで、

vagrant provision

と命令すると、指定されたBoxを使って、仮想環境が構築されます。

使い方

仮想環境の起動

インストールした仮想環境を起動するには、Vagrantfileがあるディレクトリで、

vagrant up

と命令します。

仮想環境へのログイン・ログアウト

起動した仮想環境へSSHログインするには、Vagrantfileがあるディレクトリで、

vagrant ssh

と命令します。Vagrantで作成した仮想環境には、
ユーザー名がvagrant、ログインパスワードがvagrantというユーザー
が作成され、このユーザーでログインします。

なお、仮想環境にログインしている状態で、

exit

とするとログアウトできます。

仮想環境の終了

起動した仮想環境を終了するには、仮想環境からログアウトし、Vagrantfileがあるディレクトリで、

vagrant halt

と命令します。

カスタマイズ

Vagaratfileを編集すると、仮想環境の構成をカスタマイズすることができます。
Vagaratfileを編集して、仮想環境を再起動すると反映されます。

ホスト/ゲストOS間のファイル共有

Vagaratfileに、次のように設定をすると、ゲストOS内の「/vagrant」というディレクトリ以下が、
ホストOSインストールに使用したフォルダ(今回の場合は~/ubuntu)とリアルタイムに共有されます。

config.vm.synced_folder ".", "/vagrant",type:"virtualbox"

GUIの表示

GUI環境を持つBoxをインストールした場合は、
Vagaratfileの、次の箇所のコメントを外して有効にすると、
GUIでの起動をするようになります。

config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
 # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
 vb.gui = true
  
 # Customize the amount of memory on the VM:
 vb.memory = "1024"
end

メモリ容量の設定

GUI環境を起動をする場合や、重い処理をさせる場合は、
仮想環境に割りあてるメモリ容量を上げると快適に動作するようになります。
Vagaratfileの、さきほど有効化した箇所に、メモリの割当て量を指定する箇所があるので、
搭載しているメモリの半数程度を目安にして、設定します。

# Customize the amount of memory on the VM:
 vb.memory = "4096"

その他の設定

Vagaratfileでは、この他にも、

  • NATかブリッジ接続かの設定
  • ポートフォワーディングの設定
  • proxyプラグインの設定

などを行うことができます。

WEBプログラミング入門カテゴリの最新記事