サードパーティ製品登場の可能性もアリ?「AirPower」が2018年3月後半に発売か

サードパーティ製品登場の可能性もアリ?「AirPower」が2018年3月後半に発売か

AirPowerとは

Air Powerとは、Apple2017年6月のWWDCが発表した、
iPhone 8/8 Plus/X、Air Pods、そしてApple Watchを
同時にワイヤレス充電することができる充電パッド
です。

iPhone 8/8 Plus/Xは、「Qi(チー)」規格のワイヤレス充電に対応しており、
すでにサードパーティ製のワイヤレス充電パッドを利用することができますが、
AirPod、そしてApple Watchに対応したワイヤレス充電器は存在していませんでした。

※iPhone 8/8 Plus/iPhone Xに対応しているBelkin(ベルキン) Boost Up Wireless Charging Pad

Air Powerは、これら3種類のデバイスを同時に充電できるサイズ感とデザインになっています。
このAir Powerが、2018年3月に発売されるとに見方が濃厚になってきています。

Air Podsワイヤレス充電ケースが同時発売

今回AirPowerでワイヤレス充電に対応するBluetoothイヤホンのAirPodは、
単体では「Qi(チー)」規格に対応したワイヤレス充電回路が付いていません。

現状の充電ケースは、外部からLightningケーブルで給電する仕様になっています。

そこで今回、AirPowerの発売と同時に、「Qi(チー)」規格に対応したAir Pods充電ケースも同時発売される見込みです。
このケースを使えば、「Qi(チー)」規格のサードパーティ製のワイヤレス充電器でも充電が可能になるでしょう。

Apple Watch向けに「磁気充電」回路を用意か

Apple Watchについても、現状「Qi(チー)」規格に対応しておらず
純正の充電器やアクセサリーで「磁気充電」と呼ばれる充電方式を採用しています。



※Apple純正Apple Watch磁気充電ドック

しかし、Apple Watchについては「Qi(チー)」規格に対応させることはせず、
既存の「磁気充電」による充電機能をAir Powerに加えて
Apple Watchに対応するだろうと予測
されています。

サードパーティ製品も登場するかも?

このようにAir Powerは、「Qi(チー)」規格の充電回路+Apple Watch用「磁気充電」回路を搭載し、
「Qi(チー)」規格のAir Pod充電ケースと組み合わせることで、これら3種類のデバイスに対応するということになります。

Apple Watch用「磁気充電」器については、すでにMFI認証のサードパーティ製品が多く発売されていますし、
「Qi(チー)」規格のAir Pod充電ケースが発売されれば、同様の機能を有するサードパーティ製品も発売されるかもしれません。


※Apple Watch 専用磁気ワイヤレス充電ケーブル (Apple MFi認証)

Appleニュースカテゴリの最新記事